大学の存続をかけた競争

  • 2016.02.16

大学2018年問題とは? – ついに大学間の熾烈な競争が始まる!?

大学入学予備軍である18歳人口は、1992年の205万人をピークに徐々に減少し、2015年には、120万人にまで減少してきた。 一方で、大学進学率は、1992年では、26.43%(大学入学者数:541,604人)だったのが、時代背景とともに、2015年は、51.67%(大学入学者数:617,507人)まで進学率が上昇した。そのため、人口は減っては来ていたが、進学率が高まったことにより、結果として、 […]